事業損失(工損)調査における図面作成はおまかせください!全国どこでもデーター納品


ID

pass



西部技術コンサルタント株式会社
TEL086-246-2710(直通)
受付時間:平日8:30〜17:30

事業損失における事前調査で作成した野帳をPDFファイル等のラスターデーター(※1)で送信していただければ、Jw_cad for Windowsにて図面を作成し、お客様にお届けいたします。つまり図面作成の部分アウトソーシングです。

野帳の送信や作成した図面データの送信は全てメールで行いますので、全国どこからでもご注文いただけます。

各地域や発注者において仕様は若干異なると思います。

どこまで、お客様に合わせた仕様にできるかについての詳細は当社の担当者まで直接お電話で連絡いただくか、問い合わせからメールをいただければ幸いです。その際には当社が標準として納品する図面サンプルをまずは御確認ください。

サービスを受けるためにはまず登録をしてIDを取得する必要があります。
登録は無料です。まずはID取得をこちらから

※1ラスターデータ=一般的にスキャナを使ってとりこまれた画像データのこと。取り扱いできるラスタデータのフォーマットは、bmp,Jpeg,jpg,tiff,png,Adobe PDF,xdw(Docuworks)です。

事業損失補償における事前調査報告書を社内で作成する際、一番手間取るのは図面作成ではないでしょうか。 

 お客さまからの業務依頼は図面1枚から受付いたしますので、社内の作業状況に合わせて柔軟に利用することができます。

 忙しいのであれば、アルバイトや他部署からの応援を頼めばいいという考え方もありますが、写真整理や調書作成の入力はお願いできても、図面作成は応援者がCADを使用できず、結局担当者が図面作成作業を行い、現地調査との両立で苦労されている会社は多いのではないでしょうか。
例えば、お客様が10棟の事前家屋調査を受注されていたとしても、3棟は自社で作業を行い、残り7棟の図面作成を外注するという事も可能です。
 CADでの図面作成作業ができる社員を常時配置していても、この業界の仕事量は時期によって大きく変動するものです。貴社の効率的な人員配置にも寄与できるのではないかと考えています。

※ AdobePDFはAdobe Systems Incorporated(アドビ システム ズ社)及びその子会社の各国での商標または登録商標です。
※ Docuworksは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。