業務内容 インフラ設計測量調査環境地質補償三次元計測設計メンテナンス申請書作成 イーラインサービス

工損図面サービス岡山県地質図UAV紹介
topics

■■2017年4月24日(月)  防災エキスパートボランティア


防災エキスパートボランティア

4月19日に行われた吉井川堤防点検に防災エキスパートとして参加してきました。
防災エキスパート制度とは、中国地方整備局所管施設等の災害対策業務の調査支援に関して、地震及び風水害等の大規模災害発生時に、被害情報の迅速な収集等の支援活動行い被災地域の早期復旧を図ることが目的となっています。
 堤防点検は、岡山河川事務所が管理する旭川、吉井川、高梁川の3河川について、出水期前に河川堤防等の河川施設の異常を点検し、早急に対策する箇所、継続監視が必要な箇所を把握することが目的で、秋の台風シーズン前の年2回実施されています。また、ゴールデンウィークを控え河川を安全に利用することを目的とした安全利用点検は、所轄の警察官の立会による安全利用に関する意見も求めています。
 今回参加しました堤防点検は、岡山河川事務所職員、維持業者の4名編成で、吉井川直轄管理区間を概ね10キロ程度の6ブロックに分け、目視点検を行ったところ、小動物が掘ったと思われる巣穴(タヌキ?)が見つかり早期に対策を実施することになりました。
 このように、災害の原因となる異常を点検し、補修等により災害を未然に防ぐことにより、市民の安心、安全を確保する重要な役割と認識していますので、今後も出来る限り参加していきたいと思っております。



■■2017年4月21日(金)  新人教育研修


新人教育研修

4月中は新人教育研修の一環として各部署の業務を体験します。4月11日はインフラ保全グループの業務内容の説明を行いました。
橋の下にもぐり、点検方法や補修方法についての説明をしたり、実際に点検道具を使って損傷の確認をしてもらったりしました。
橋の損傷を間近でみるのは初めてで、その様子に驚いていた子もいました。
配属先は違うグループの人ばかりでしたが、研修を終えて早く会社になじんでもらえたらいいと思います。



■■2017年4月14日(金)  問屋町地域交通安全協議会


問屋町地域交通安全協議会

問屋町にある本社では問屋町交通安全協議会に参加しています。今回は交通安全運動キッズレター作戦に参加しました。
問屋町卸センター西側市道上で今幼稚園児キッズレターによりドライバーの交通安全啓発をするもので、かわいい園児から手紙を受け取ったドライバーは最初は戸惑いながらも、笑顔で交通安全を約束していました。



■■2017年4月12日(水)  新入社員研修


新入社員研修

現在、弊社では今月入社の新入社員研修を行っています。
弊社の新入社員研修は社内のいろいろな部署の業務や委員会を体験してもらったりと結構盛沢山です。しかしそうすることで、社内の人に顔と名前や性格などを理解してもらい、配属先の業務が始まっても話しやすく風通しのよい雰囲気を醸成することができます。
本日はその一環として日頃お世話になっている中国電力(株)の岡山営業所の方に来ていただき、中国電力の取り組みについて御高話いただきました。お客様のおかれている環境や状況を理解することはコンサルタントとして非常に重要なことであり、新入社員だけでなく社内のいろいろな部署の人も参加してもらい有意義な研修となりました。



■■2017年4月4日(火)  会社説明・一次選考会


会社説明・一次選考会

平成30年4月採用に向けて第2回会社説明・一次選考会が開催されました。
どこの会社も学生さんに選んでもらうため、一生懸命ですが、学生さんも非常に熱心に社内見学されていることを感じました。お互いがしっかりと情報収集し、理解しあうことが採用のミスマッチを防ぐために重要なことであり、会社説明会はそのための重要なイベントです。



日記

IT時代になって、ほとんど必要とする情報はたやすく入手できるようになった。情報収集の手間が省けた分、早く高度で正確な判断ができるからハイレベルの成果が期待できると言える。しかし、情報レベルが同じだけに、独自の創造的な成果は出すことは一層難しく、つまり、より大きい付加価値を作り出すには人とは違う発想が要る。IT情報レベルに負けない「オタク」になるという生き方が良いのかな。

(2017-4-24)

更新履歴

〒700-0977

岡山市北区問屋町6-101

TEL:086-246-5666

FAX:086-246-5670

採用情報 お花見会 50周年バス旅行